So-net無料ブログ作成

激流 ネタバレ あらすじ 4話 [激流]

スポンサーリンク




激流のネタバレとあらすじの4話



激流も4話まできましたが、ネタバレとあらすじの
感想を綴ってみます。


62.jpg



第4回「忍び寄る黒い影」

大林(カンニング竹山)が、貴子(国仲涼子)と
チェックインしたホテルで殺害された。

ニュースでそのことを知り呆然とする貴子。

そのときまた、はかったように謎のメールが届く。

「困っているようね、助けてあげましょうか?冬葉」。

貴子は衝撃のあまり入院してしまう。

華から状況を聞いた圭子(田中麗奈)と
美弥(ともさかりえ)が病院に駆けつけるが。



第3話も登場人物のドラマが交差しまくり、
だんだんと激流になりつつあります。


いっときも目が離せず、釘付けでした。

ゆっくり見直したため、夜中になってしまいました。

この記事の最後に、3話のレビューへのリンクがありますので、
見なおしてみてください。





激流~私を憶えていますか? あらすじ第4話

大林隆之(カンニング竹山)が御堂原貴子(国仲涼子)と
密会していたホテルで殺害される。

秋芳美弥(ともさかりえ)は、御堂原貴子(国仲涼子)が
事件に巻き込まれたことを知る。


そんな御堂原貴子(国仲涼子)へ冬葉から


「困っているようね。助けてあげましょうか?」


と意味深なメールが着信し、パニックになる。


御堂原貴子(国仲涼子)は入院し、三隅圭子(田中麗奈)と
秋芳美弥(ともさかりえ)が駆けつける。

その二人に愛人契約し、売春していたことを打ち明ける。

大林隆之(カンニング竹山)を殺していないと
御堂原貴子(国仲涼子)は、訴えるが・・。


東萩耕司(桐谷健太)は、刑事という職業上、
御堂原貴子(国仲涼子)を仲間としてみるのか
容疑者として見るのか苦悩する。


鯖島豊(山本耕史)は、不倫相手のなるみと
手切れ金を渡し、縁を切ろうとする・・・。


冬葉の元担任だった旭村正隆(武田真治)は、転勤後 廃人となっていた。


激流~私を憶えていますか? あらすじ第4話 「忍び寄る黒い影」を早くみたい!!

伏線やまだ登場していない人物など伏線がありすぎ[exclamation×2]

ただもう カンニング竹山  がでないのは、さびしい。(笑)

気になるのは第3回の視聴率。結構 上がっているのでは?


63.jpg




あらすじ ネタバレ 第4話 「忍び寄る黒い影」

大林(カンニング竹山)殺害を伝えるニュースを見て
がく然とする貴子(国仲涼子)は、
警察の捜査が自分に及ぶのではないかと不安を募らせる。


そんなやさき、貴子のもとに「困っているようね。
助けてあげましょうか? 

冬葉(刈谷友衣子)」とメールが届く。


その数分後には「あなた、殺人犯になるかもしれないのよ。冬葉」
というメールも届き、

あまりの恐ろしさに貴子は気を失い、
そのまま入院してしまう。


圭子(田中麗奈)と美弥(ともさかりえ)は、
貴子の娘から連絡を受け、すぐに病院へかけつける。


そして、病室で貴子から売春をしていた事実を明かされた2人は、
大きな衝撃を受ける。


一方で、大林の殺害には無関係だと訴える貴子。


どうにかして守ってあげたい圭子と美弥だったが・・・・・。



⇒激流のまとめ記事


nice!(0) 

激流 ネタバレ ラスト [激流]

スポンサーリンク




激流のネタバレ ラストが気になる!



ドラマ激流のネタバレやあらすじが気になる人も

多いようですが、一番気になるのはラストでは?


毎回、激流を見る度に次回の放送が気になって、

来週の激流を楽しみに待っている人も多いはず。


そこで、今回は激流のネタバレとあらすじ、

そしてラストも少しだけご紹介!


キャストなども交えて書くので、

改めて激流ワールドにハマるの間違いなしですよ!


55.jpg




激流のネタバレとキャスト!


田中麗奈さんが主演の大人気ドラマ、

『激流~私を憶えていますか?~』の

激流の原作からのラスト、結末のネタバレとキャストです。



井上(三隅)圭子(35)・・・田中麗奈

中堅出版社の文芸部の編集者で、離婚協議中の夫も同業者。
中学時代は優等生。あだ名はサンクマ。
頭が良くて人の世話を焼くのが好き。


東萩耕司(35)・・・桐谷健太

あだ名はハギコー。
警視庁捜査一課の刑事。行動規範は社会正義。
中学時代はチビでニキビ面の鉄道おたく。
趣味が同じ島と大の仲良しで、同性愛疑惑も・・・


河野(御堂原)貴子(35)・・・国仲涼子

エンジニアの夫と、娘の華(6)と暮らしている。
華を名門小学校に入れたが、ハイ・ソサエティーとの付き合いに
予想以上の出費を強いられ、そんなとき夫がリストラされてしまう。


秋芳美弥(35)・・・ともさかりえ

歌手として成功をおさめ、小説家としての才能も評価される。
しかし、コカイン不法所持で逮捕されて執行猶予判決を受け、
名声は失われてしまった。
中学時代は自分を「選ばれし者」だと信じ、千葉の田舎町を早く
出て行きたいという願望に身を焦がしていた。


島豊(35)・・・山本耕史

あだ名はサバ。
東大卒のエリート銀行サラリーマンで父も国立有名大学卒の
エリート家族で育つ。
転勤族で高校からは都内で育つ。
銀行本店の企画開発部勤務で順風満帆の出世街道を歩いてきたが、
女性問題があり世田谷支店に左遷。
妻とは離婚して一人息子の親権も取られてしまった。


小野寺冬葉(15)・・・刈谷友衣子

中学時代は夕暮れの屋上で、いつもひとりで銀色のフルートを
吹いていた。
愛した曲は「アルルの女メヌエット」
京都への修学旅行中に姿を消しいまだに生死不明。


旭村正隆(35~55)・・・武田真治

圭子たちの担任。
冬葉が行方不明になった事件に責任を感じ転任してしまった。


毛利佳奈子(35~55)・・・賀来千香子

中学校の音楽教師。
冬葉才能を見抜き、音楽学校への進学を勧める。


56.jpg




ここからが、激流のネタバレのラスト!


激流の原作からのラスト、結末のネタバレです。

修学旅行で行方不明になっていた小野寺冬葉は20年前に死亡して
いました。

彼女は殺害されたのではなく、不運な事故で亡くなっていました。

その事故には担任の旭村正隆と毛利加奈子、小野寺裕子も関わって
いました。

冬葉を煽って、「私を憶えていますか?」というメールを送って

きた黒幕は、毛利佳奈子です。


彼女は黒幕で、実行犯ではありませんが、一連の事件を裏で

操っていました。


冬葉は不運な事故で命を落としましたが、佳奈子が秘密裏に埋葬

したため、行方不明になってしまいました。


三隅佳子達は事件について調べていく課程で、佳奈子が黒幕だと

突き止めます。

そして冬葉を埋葬したことも聞き出します。


ですが、


自ら手を下しておらず、メールを送ったことで罪に

問われることはなく、冬葉を秘密裏に埋葬したことも時効が

過ぎていたため、罪には問われませんでした。


冬葉の亡骸は、死後20年後に警察の捜査によって見つけ出される

ことになります。



ネタバレのラストはいかがでしたか?


激流の原作ではこのようなネタバレとラストになっていますが

現在放送中のドラマは変更される可能性もあるかもしれませんので

それはそれで楽しみです!


nice!(0) 


スポンサーリンク


FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。