So-net無料ブログ作成

半沢直樹 ネタバレ 感想 第1話 [半沢直樹]

スポンサーリンク




半沢直樹 ネタバレと感想 第1話!


64.jpg



東京中央銀行大阪西支店・融資課長の半沢直樹(堺雅人)は、

渡真利忍(及川光博)と近藤直弼(滝藤賢一)と共にバブル経済末期に

東京中央銀行に入行したいわゆる「バブル入行組」である。



それから20年ほど経過した現在、行内では業務の中心的役割を担う世代になっていた。


東京本店融資部に勤務する渡真利忍(及川光博)は、半沢と同期入行組であり、

入行以来の親しい仲で人事の情報に詳しく頻繁に助言をして半沢をフォローし続ける盟友。



一方、半沢は、マイホームを欲しいとねだる妻の花(上戸彩)と共に社宅に住み、

結婚記念日にも残業で、仕事に忙しい半沢に文句を言いながらも

明るく実直な性格の花に癒されて出世を目指して仕事に邁進する日々を送っていた。



そんな半沢にある日支店長の浅野匡(石丸幹二)から東田 満(宇梶剛士)が社長を務める

西大阪スチールに対して融資を行えという強引な指示が下り、西大阪スチールに行く。


しかし、支店長の浅野が優良企業と言うわりには西大阪スチールの社風はひどく、

社長の東田の横柄な態度にも半沢は融資するには疑問を持つのであった。


65.jpg




半沢は行内に戻り、浅野に融資の実行をするにも、もう少し調査をしてからの方が・・・?


と、浅野に報告するが、浅野の頭の中には、期日迄に5億円を融資する企業を見つけて

100億円の営業目標を達成して大阪西支店に名誉ある最優良店舗賞を受賞して

本店に栄転して出世することしか頭になかったので半沢の言うことに耳をかさず

私がこの案件に全責任を持つといって、半沢を強引に本店に急がせて

新規の融資先にも関わらず、本店からはだか「無担保融資」で融資実行させる。




この半沢の必死の融資によって営業目標を達成した大阪西支店は、

浅野の思惑通り、東京中央銀行の名誉ある最優良店舗賞を初受賞することになった。


しかし、融資から3か月後、一見優良企業に見えた西大阪スチールはあっけなく倒産した。


実は、西大阪スチールは陰で莫大な負債を抱えて、東京中央銀行から融資を受ける為に

裏帳簿を作り粉飾決算を行い、計画倒産を実行したのであった。



そして、社長の東田 満は行方不明で、この結果、東京中央銀行は融資額5億円を

騙し取られることになってしまい行内で問題になるのである。



出世に執念を燃やす浅野支店長は、融資の調査で粉飾決算を見破れなかったことを

理由にして半沢にその全責任を擦り付けて自分の火の粉を振り払おうと画策する。



早速、浅野は、東京中央銀行で異例のスピード出世を果たし、最年少で常務にまで

上り詰めた大和田 暁(香川照之)にまで根回しをするのであった。


東京中央銀行は、バブル期時代の膨大な不良債権を抱え込んだ


都市銀行が合併して出来上がった国内最大の「メガバンク」である。

行内には、合併後も「旧・産業中央銀行」出身者、「旧・東京第一銀行出身者」の

派閥に分かれ、熾烈な権力争いを繰り返し、大和田常務は

「旧・産業中央銀行」出身で浅野支店長も同行出身である。



そんな中にあって「旧・東京第一銀行出身者」の中野渡謙頭取(北大路欣也)は、

行内融和を唱え、派閥対立を鎮めるために苦脳していた。



そんな中、野心に燃える半沢はバンカーとして生き残るために1人で東田の行方を追う。



東田の行方を突き止めるべく、半沢は、西大阪スチールの取引先であった下請け会社の

竹下金属の社長竹下清彦(赤井英和 )の元を尋ねたところ首吊り自殺を図ろうとしていた。



間一髪のところで半沢が竹下を助けたので大事には至らなかった。



半沢は竹下に名刺を渡して『何かあれば連絡ください。』と言ってその場を立ち去る。



そんな、ある日、東京中央銀行大阪西支店に国税局の査察が入ることになる。



国税局の査察が入る時期に疑問を感じた半沢は、国税局が調べているのが

西大阪スチールであるのではないか、脱税もしていたのではないか・・・?



西大阪スチールにはまだ隠し財産があるのではと睨みます。



そして、半沢はコピー機にデーターを読み取る装置を取り付ける。


そのデーターから西日本スチールの有力な情報を突き止めて、

同期の近藤直弼の情報により西日本スチールの金庫番であった

波野吉弘(ラサール石井)の居場所を突き止めて 波野吉弘から東田の居所を突き止める。



そして、半沢は、東田が潜伏するマンションで張り込み東田を捕まえる。


東田に、『融資したお金を返してください、一緒に銀行まで来て下さい』


と言う半沢だが、東田はゴルフクラブで威嚇し半沢に襲い掛かります。


剣道の達人とも言える半沢は東田をクラブで応戦し、追い詰めます。


とうとう捉えたと思った瞬間、愛人の藤沢未樹(壇蜜)に殴られて倒されてしまいます。


そのまま、タクシーで二人に逃げられてしまいます。



次の日、融資失敗の責任に関して、東京本店に呼ばれ聞き取り調査に出席する半沢。



そんな半沢に同期の渡真利忍は何を問われても、認めろと助言するが

半沢は全責任を自らに負わせようとする上司たちに真っ向から反発し、


騙し取られた5億円を取り戻すと宣言するのであった。



そんな中に竹下清彦から電話が入り、東田をギャフンと言わせたくなった。


銀行は信じないがあんたは信じる、東田を捉えるのに協力すると言う。


こうして、半沢は、竹下を見方に付けて東田を追いつめて行くことに。


1話はここで終わりましたが、予想に反してもの凄く引き込まれて面白いドラマでしたね。



ネットでの反応も凄く良くて、ドラマが終わった時にはヤフーリアルタイムの


注目度でも8000人超えてましたから半沢直樹ヒットしそうですね。


来週は東田が海外に所有している別荘を半沢直樹と国税局が


担保として奪い合うところから始まるみたいですので面白い展開が期待出来そうですね。




スポンサーリンク



nice!(0) 

nice! 0



スポンサーリンク


FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。